このサイトは「彼、彼女ともう一度やり直したい!」と思っているあなたに復縁マニュアル復縁ガイドの口コミ内容などの情報を公開しています。

電話する方法

トップページ

電話する方法

電話はメールよりも勇気が必要ですよね。しかし、定期的に電話をかけることも復縁を成功させる為にとても効果的なのです。メールだと、相手が何かをしながらでもやり取りができますが、電話だと確実にあなたの為に時間を使ってくれます。電話もメール同様に一方的にかけ続けるのはやめましょうね。

相手に嫌がられてしまいます。相手も直接あなたの声を聞けば、やはりあなたのことを意識しだします。ここでは電話をする時に気をつけておくべきポイントを解説しますね。

  • 《 電話で気をつけるポイント 》
    • ※かけるタイミングを考える※

元恋人と付き合っていた経験があるのですから、相手のある程度の生活習慣やタイムスケジュールは分かっていると思います。当たり前ですが、相手の仕事中や寝ている時間帯、忙しい曜日などに電話をしてはいけません。忙しい時というのは、心に余裕がありません。

そんな時に元恋人から電話がきても相手は困るだけです。電話に出てくれればまだ良いのですが、一度無視をされると、心理的に相手はまた無視をしやすくなります。要するに、あなたはもう恋人の声を二度と聞くことが出来なくなるのです。付き合っていた時によく電話していた時間や、よく会っていた時間、曜日などに電話をするといいでしょう。

  • ※絶対に感情的にならない※

例えば、ケンカ別れした場合は、お互いを許し合える状態になっていないことがあります。そんな状態の時は、電話で世間話をしていたのに、いつの間にかケンカに発展していたというのがよくある電話の失敗パターンです。他にも相手のことが好きすぎて、電話している途中で溢れる感情をおさえきれずに泣いてしまう場合があります。

元恋人の性格にもよりますので、電話で泣いて復縁が成功する場合もあるのですが、確率論で言うと、初期段階の電話では泣かない方がいいでしょう。何故、泣かない方がいいのかと言うと、あなたが泣いてしまうと、あなたがヨリを戻したいことが完全に相手にバレてしまいます。そうすると相手の心理としてはあなたのことを、「自分がGOサインを出せば思い通りになる」と思ってしまいます。これでは、復縁したいあなたの気持もはぐらかされてしまい、都合良く扱われるだけです。ですので、電話では絶対に感情的にならないで下さい。




a:1893 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional