このサイトは「彼、彼女ともう一度やり直したい!」と思っているあなたに復縁マニュアル復縁ガイドの口コミ内容などの情報を公開しています。

メールする方法

トップページ

メールする方法

メールの方法、テクニックは復縁にとって大変重要な要素です。一つのメリットとしては、気軽に元カレや元カノに連絡が取れるということがあげられます。しかし、ここで一つ気をつけて頂きたいのは、こちらから一方的にメールを送り続けるのはNG!ということです。

何度もこちらから送信して、相手からの返信が1回のみというケースをよく聞きますが、これは相手からうっとうしがられているからです。こちらからメールを送信したら、「すぐに返信がほしい」「必ず返信がほしい」その気持ちはわかりますが、メールの返信が来ないからといって、立て続けに連発しても逆効果で、相手はあなたを拒否し始めるでしょう。

一方的にメールを送り続けると、受信拒否にされることや、メールアドレスを変えられてしまうことがありますので、もし、あなたがしつこく一方的にメールを送っているのであれば、今すぐ止めてください。『メールは適度に!』ということを覚えておいて下さい。


  • 《 これだけはやってはいけないメールのやり取り》

付き合っていた頃と同じ感覚でメールを送る。別れた今、相手はあなたの恋人ではありません。干渉する権利はないのです。ですから気軽に「今どこにいるの?」や「今誰といるの?」というメールは、ストーカーに近くなってしまい、相手はあなたを嫌になってしまうでしょう。

  • 一日に何度もメールを送る。

先にも説明したように、一方的に何度もメールを送るのはやめましょう。相手にメールが来て当然と思われては、常に主導権が相手にある状態です。別れてすぐの状態の場合は2週間に1度や1ヶ月に1度でもいいのです。感覚を空けながら根気よくメールを送り続けることが基本です。

  • 《 メールの主導権を握るテクニック》

いくつかあるのですが、ここでは一つだけ紹介します。それは、メールのやり取りの終わりをあなたから切り出すというものです。一度のやりとりで4~5回のメールのやり取りがあったとして、毎回相手から「じゃあ、またね。」とメールの終わりを切り出されていては、常に相手に主導権があることを意味します。ですので、たまにはあなたからメールの終わりを切り出すことで、主導権を握ることができ、元カレや元カノもあなたのことが気になりだすようになるのです。




a:1766 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional