このサイトは「彼、彼女ともう一度やり直したい!」と思っているあなたに復縁マニュアル復縁ガイドの口コミ内容などの情報を公開しています。

復縁における悩み

人も色々、悩みも色々【復縁】



さて、復縁における『悩み』についてお話しますね。


人の悩みは、当然ながら十人十色です。


置かれた状況が違うのは勿論、
年代、性別、個性などで悩む内容が変わります。



だけど、共通する部分も数多いのです。


その一つが、周りが見えなくなること。

これは、どんなに冷静な人でも悩んでいる時には陥ってしまう袋小路です。


普段ならば、当然、気づくことに気づけない、
自分で判断できるはずのことに判断が下せない、
そんな状態になります。


『復縁』に悩む人も同様で、

「え! あの人が、こんなこと言うかな?」


相談を受けた時、そんな意外な思いに打たれることも少なくありません。


こうなってしまうケースで多いのは、本人の思い込みが強い場合です。

違う言い方をすれば、「決めつけてしまうコト」、ですね。


「きっと、~に違いない」という心理状態です。


実際、悩みを抱えている人たちは、もう少し弱い言い方ですが、

「多分、~だと思うよ」

という言い方をよくします。


[check]「多分、あの人は私を忘れている」

[check]「多分、私のすることは、あの人の反感を買う」

[check]「多分、過去にとらわれている自分は滑稽に見えているだろう」

この「多分、」という部分を「きっと」に置き換えてみてください。


あきらめ口調で「多分・・・」という場合、
実は「きっと~だ」と確信している場合が多いのではないでしょうか。


この思い込みは強力で頑な(かたくな)です。

それを突破するような説得というのは実際の話、容易ではありません。


そういう状態に陥った人に対して、効果がある唯一の治療法、
それは、「本人が、納得しながら、前に進んで行ける」方法の提示です。



私が人の悩みを聞いた時、痛感するのは、

「過去の経験から」

「過去の実例から」

「データから見て」

こんな言葉が、悩みの当事者にとって、
何の説得力も持たないということです。


何故なら、本人に周囲に目を配る余裕が失われているのですから。


そんな状態から覚醒させてあげるのは、私たちには無理なのでしょう。

それが親友でも、先生でも、親兄弟であっても。


でも、それを見事にやってのけている手法が世の中には存在します。


優れた方法論には、その壁を取り払うために必要なものが
ビルトインされています。


だから、皆に支持されるのではないでしょうか?


そのように優れた方法論を目の当たりにして、

私が、一番重要だな、と思うのは、

「本人が、納得できること」


では、「本人が、納得する」には、何が必要なのでしょうか?

この記事のメニュー下にアップします。




a:1962 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional